【2021年下半期最新】家庭教師個人契約サイトを比較!! おすすめの個人契約サイトはどこ??

7月 3, 2021

家庭教師個人サービスを徹底比較!!

最近注目されてきている家庭教師の個人契約ですが、様々なサービスがありどれを使えばいいのかわからない、という声が多くあります。そこで今回は検討の際の参考にしてもらうために、家庭教師の個人契約サービスについて徹底的に比較していきます!!

家庭教師の個人契約サービス比較の前に

個人契約サービスを比較していく前に、注意事項を述べておきます。最近、家庭教師の個人契約サービスと謳いながら、よくよく注意して調べると、毎回の授業料に対して仲介手数料を取っているものが散見されます。

それも個人契約サービスの一種である、と言ってしまえばそれまでですが、以下ではやはり個人契約の良さである「毎回の授業料に対して仲介手数料を取らない」サービスを中心に比較していこうと思います。

逆に、「家庭教師 個人契約」の検索で上位に出てくるサービスで、ここに紹介されていないものは、毎回の授業料に対して仲介手数料を取っているサービスであるかもしれないので、注意して調べてみてください。

なおいずれのサービスにおいても、サービスの使用料はかかるので、その点にはご留意ください。そもそも家庭教師の個人契約って何??何がお得なの??という方は、是非以下の記事も読んでみてください。

家庭教師の個人契約サービスの比較

① カテアプリ東大生

一つ目のご紹介となるサービスは、「カテアプリ東大生」です。皆さんにとっては、あまり聞き馴染みのないサービスかもしれません。それもそのはずで、最近できたばかりの最新のサービスなのです。知る人ぞ知るサービスで、徐々に話題になってきているようです。

カテアプリ東大生は、今まで主流であった個人契約サイトの掲示板を用いた方法ではなく、今どきのアプリを用いて手軽に、しかも厳選された東大生の先生を探せる個人契約サービスとなっています。

また個人契約で心配となる先生との契約の不安も、独自に用意されたシステムで簡単にしっかりと契約を結べるようになっているのもポイントなようです。

価格面としては、会員登録や先生の検索は無料で、そこから先生にチャットをするのにプランの加入が必要になります。9800円を支払いプランに加入すると、何人とでも連絡が取れ、契約ができる内容となっています。

詳しくは、カテアプリ東大生公式サイトをご覧いただけると良いかと思います。(アプリのインストールはこちらから)

② 家庭教師のTo-Last

二つ目にご紹介するサービスは、「家庭教師のTo-Last」です。これはご存知の方も多いのではないでしょうか。比較的昔からある、老舗の家庭教師個人契約サービスとなっております。

家庭教師のTo-Lastでは、公式サイトにおいて、保護者が募集する案件に対し、先生をやりたい人が応募をする形と、先生が募集する案件に対し、保護者が先生を検索して探す形の両方で、個人契約を斡旋するサービスとなっています。登録者数は数万人と、最も規模が大きいことが特徴です。

価格面としては、先生一人の連絡先を渡してもらう際に、連絡先一つ当たり7800円かかるということです。個人契約成立時に7800円がかかるというわけではなく、あくまで良さそうだと思った先生の連絡先をもらうのに費用がかかることに注意が必要かもしれません。

つまり、良さそうだと思い連絡した先生があまり良くなく、また別の先生の連絡先をもらおうと思った時にさらに7800円必要で、合計15600円かかるということです。

こちらも、詳しくは家庭教師のTo-Lastの公式サイトをご覧いただくと良いかと思います。

③ 個人契約の家庭教師紹介DIY

三つ目に比較するサービスは、「個人契約の家庭教師紹介DIY」です。こちらも昔からある、老舗の家庭教師個人契約サービスとなっております。

個人契約の家庭教師紹介DIYは、基本的なシステムは家庭教師のTo-Lastと同じで、先生が保護者を検索して探す形と、保護者が先生を検索して探す形があるようです。こちらも老舗ということもあり比較的規模は大きく、登録者数1万人以上であることも特徴です。

価格面ですが、こちらもシステムは先程のTo-Lastと同じです。つまり、気になった先生の連絡先をもらう際に毎回料金が発生します。具体的な価格は、連絡先一つ当たり5200円となっています。先ほども説明しました通り、2人の先生の連絡先をもらうとなると合計10400円かかります。

詳しくは、個人契約の家庭教師紹介DIY公式サイトをご覧ください。

④ 家庭教師のASK

最後に紹介するサービスは、「家庭教師のASK」です。登録者数は2万人以上と、規模の大きなサービスなようです。

家庭教師のASKも、基本的なシステムは家庭教師のTo-Lastと同じで、先生が保護者を検索して探す形と、保護者が先生を検索して探す形があります。

価格に関しては、先程のTo-LastやDIYと異なり、家庭教師を依頼する先生が正式に決まった際に紹介料を支払う形となっており、その価格は19800円となっています。

こちらも詳しくは、家庭教師のASK公式サイトをご覧いただけると幸いです。

個人契約サービスの価格面での比較表

 1人の先生にのみ連絡
(税込)
2人以上の先生に連絡
(税込)
支払うタイミング
カテアプリ東大生 9800円 9800円 プラン加入時一回のみ
家庭教師のTo-Last
7800円
15600円~
先生の連絡先を貰う度
個人契約のDIY
5200円 10400円~先生の連絡先を貰う度
家庭教師のASK
19800円 (採用決定時) 19800円 (採用決定時)採用正式決定時のみ

上の表は、今回の記事で紹介した個人契約サービスを、価格の面から比較した表になります。検討に役立てていただけると幸いです。